生命の神秘

浜名湖に謎の巨大生物? 湖西・新居漁港で目撃

320px-Lake_hamana_landsat
【引用元】http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1332137063/

1 :帰社倶楽部φ ★ 2012/03/19(月) 15:04:23.80 ID:???0
18日午後3時半ごろ、湖西市新居町新居の
浜名漁協新居支所などを通じて
「体長4~5メートルほどもある巨大生物が
浜名湖を泳いでいる」
と湖西署に連絡があった。

同署員が目撃現場の新居漁港に駆け付け、
東へ約300メートル沖合で時折姿を見せる生物を確認。
同署はアザラシなどの可能性もあるとみて、
付近を航行する船舶に注意を呼び掛けている。





続きを読む

スポンサード リンク

仮説から実証へ。 染色体末端部「テロメア」の長さと寿命の相関関係が、小鳥を使った実験で実証される。

Telomere
【引用元】http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1326147946/

1 : ◆SCHearTCPU @胸のときめきφ ★ 2012/01/10(火) 07:25:46.90 ID:???0
染色体末端部の「テロメア」と呼ばれる部分の長さが、
寿命と関係があることを
英国・グラスゴー大の研究チームが
小鳥の「キンカチョウ」を使った実験で突き止めた。

寿命がどのように決まるのかの一端を解明する成果で、
9日付の米科学アカデミー紀要に発表された。





続きを読む

スポンサード リンク

「キメラ」のサル、初作製=遺伝的に違う細胞混在―米研究所

キメラ_ポスター-r6ffee8b24c7a42acbb8ea1027939c75d_wfb_400
【引用元】http://uni.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1325922522/

1 :そーきそばΦ ★ 2012/01/07(土) 16:48:42.54 ID:???0
 アカゲザルの受精卵が成長して
四つの細胞に分かれた段階の胚を3~6個合体させ、
仮親の母胎に移植する方法で正常な赤ちゃんを3匹誕生させたと、
米オレゴン国立霊長類研究センターの研究チームが7日までに
米科学誌セル電子版に発表した。

これらの赤ちゃんは、
遺伝的に違う細胞がモザイク状に混在する
「キメラ」と呼ばれる状態で、霊長類で誕生したのは初めてという。
キメラはマウスで特定の遺伝子の機能を調べる実験によく使われる。





続きを読む

スポンサード リンク
スポンサード リンク
記事検索












キュゥべえ でかモフ抱きまくら























RAH 岸辺露伴 六壁坂 Ver. 【Amazon.co.jp限定販売】(※予約期間:~2011年12月31日まで)




























スポンサード リンク
livedoor プロフィール
twitter


ツイッターでは主に
記事の更新通知を行っています。
来るもの拒まず去るもの追わず。
気軽にフォローしてやって下さい。

--------------

当ブログでは相互リンク、
相互RSS登録して下さるサイト様を募集しております。
詳しくはこちらをご覧下さい。

--------------

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 ネットブログ 2ちゃんねるへ
にほんブログ村

ブログランキング


PVランキング


参加中のブログランキング。
この2chまとめブログを
面白いと思って下さったなら
クリックして頂けると有難いです。
スポンサード リンク
  • ライブドアブログ